患者様へ

研究に関する予後追跡について

臨床研究における追跡調査

 当院では新たな診断方法や治療方法を見いだすことを目的に、臨床研究を行っています。それらの研究の評価を行うためには、治療後の経過や生死状況の調査(追跡調査や予後調査)が不可欠であり、この研究に関わる調査は、医療の進歩には欠かせないものとなっています。
 研究内容等については、臨床倫理審査委員会で審議され、診療情報や診断材料の二次利用を行う場合もあります。
 患者様におかれましては、どうぞこうした主旨をご理解の上、情報提供に同意いただきますようお願い申し上げます。
 同意がいただけない場合でも、診療に関しての不利益が生じることは一切ございません。
 また同意後であっても、同意を撤回することは可能ですので、その旨を相談窓口までお申し出ください。
 詳細につきましては、ホームページ、パンフレット、および診療受付時にお渡しする「説明同意、診療情報の利用について」もあわせてご確認下さい。


南風病院画像診断センター政記念消化器病研究所病院広報誌「南風便り」