しんお 研究業績【臨床応用開発室】:公益社団法人鹿児島共済会 南風病院
トップページ医療機関の方へ研究業績研究業績【臨床応用開発室】
研究業績【臨床応用開発室】

平成29年4月~平成30年3月

■論文

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 号・巻・ページ
2017.04.13 Combined assessment of serum folate and hemoglobin as biomarkers of brain amyloid β accumulation Takuma Yoshinaga, Hiroto Nishimata, Yoriko Kajiya, Shunichi Yokoyama PLOS ONE PLoS ONE 12(4):
e0175854.

■学会発表

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 学会会場名
2017.09.29 The modulator PICT1 of p53 as a gastric cancer biomarker T. Yoshinaga, K. Kawahara, H. Nishimata , T. Furukawa, T. Takei, and M. Yoshida 第76回 日本癌学会学術総会 パシフィコ横浜(横浜)
2017.09.29 Methylated Septin9 is a potential biomarker for Colorectal cancer A. Tomiyoshi, T. Yoshinaga, H. Nishimata 第76回 日本癌学会学術総会 パシフィコ横浜(横浜)

■座長、講演、シンポジスト等

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 学会会場名
2017.10.17 「線虫がん検査が世界のがん医療を変える!N-NOSE開発物語」 臨床応用開発室 HEALTH CARE Biz  
2017.9.27 【新製品・サービス創出事業】
生涯現役社会実現に向けた「就労×健康×教育」創出プログラム
臨床応用開発室 鹿児島市
2017.7.11 特許出願中:特願 2017-XXXXX 吉永 拓真 特許庁  
2017.6.28 「線虫でがん検査 治療効果測定にも有効」 臨床応用開発室 南日本新聞  
2017.6.15 「線虫 がん再発も診断」 臨床応用開発室 西日本新聞  
2017.4.19 「線虫でがん検査 実用化へ」 臨床応用開発室 西日本新聞  
2017.4.4 「線虫でがん診断 沖縄で臨床」 臨床応用開発室 琉球新報  

平成28年4月~平成29年3月

■論文

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 号・巻・ページ
2016.12.01 入院管理指標シミュレーターの構築とその妥当性 藤田 真 医事業務 医事業務
NO.507, pp.28-31
2016.11 多様なニーズに応えるための支援力向上を目指して
~「コミュニケーション」と「専門性」の融合~
吉永 拓真, 脇黒丸 倫奈 医師事務最前線 2016年秋号, pp.54-57
2016.10 自前のシステムでデータ解析 TQM室 月刊保険診療 Vol.71, No.10, Ser.No.1522
2016.10 Use of ANGPTL2 mRNA in formalin-fixed paraffin-embedded tissues as a biomarker to diagnose gastric cancer and evaluate the extent of vascular invasion Yoshinaga, T., Nishimata, H., Tanaka, S., Hori, E., Tomiyoshi, A., Tokudome, E.,Takei, T., Yoshida, M. Oncology Letters In Press
2016.09 In vitro and in vivo characterization of hydroxyapatite/chitosan-gluconic acid conjugate scaffolds Takei, T., Fukumoto, K., Danjo, S., Yoshinaga, T., Nishimata, H., Yoshida, M. Journal of Chemical Engineering of Japan In Press
2016.07 Toxic chemical cross-linker-free cryosponges made from chitosan-gluconic acid conjugate for chondrocyte culture Takei, T., Yoshitomi, H., Fukumoto, K., Danjo, S., Yoshinaga, T., Nishimata, H., Yoshida, M. Journal of Chemical Engineering of Japan In Press
2016.05 重症敗血症/敗血症性ショックに対するエンドトキシン吸着除去療法+持続的血液濾過透析併用法の予後因子に関する臨床的検討 武田弘隆, 内田義男, 曽我部篤史, 福元まゆみ, 吉永拓真, 竹澤真吾 日本急性血液浄化学会雑誌 Vol.7(1), pp.58-63

■学会発表

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 学会会場名
2016.12.10 南風病院ドクターズ クラーク(DC)の取り組み 脇黒丸 倫奈 医師事務ケーススタディ勉強会 鹿児島大学病院
(鹿児島市)
2016.10.9-10 重症敗血症/敗血症性ショックに対するエンドトキシン吸着除去療法+持続的血液濾過透析併用法の予後因子に関する臨床的検討 武田弘隆, 内田義男, 曽我部篤史, 福元まゆみ, 吉永拓真, 竹澤真吾 第26回 日本急性血液浄化学会学術集会 京王プラザホテル
(東京)
2016.10.7 Use of ANGPTL2 mRNA in formalin-fixed paraffin-embedded tissues as a biomarker to diagnose gastric cancer Yoshinaga, T., Nishimata, H., Takei, T., Yoshida, M. 第75回 日本癌学会学術総会 パシフィコ横浜
(横浜)
2016.9.6-8 がん抑制遺伝子p53とそれを制御するタンパク質PICT1との相関に関する基礎的検討 床次 辰樹, 濱﨑 研悟, 吉永 拓真, 西俣 寛人, 河原 康一, 古川 龍彦, 大角 義浩, 武井 孝行, 吉田 昌弘 化学工学会 第48回秋季大会 徳島大学
(徳島)
2016.9.6-8 ドラッグリポジショニングに基づく抗がん剤と抗潰瘍薬の組み合わせがもたらす相乗効果の検証 濱﨑 研悟, 床次 辰樹, 吉永 拓真, 西俣 寛人, 大角 義浩, 武井 孝行, 吉田 昌弘 化学工学会 第48回秋季大会 徳島大学
(徳島)
2016.7.22-23 ドラッグリポジショニングを目指した抗がん剤と既承認薬剤との抗腫瘍効果向上に関する基礎的研究 濱﨑 研悟, 床次 辰樹, 吉永 拓真, 西俣 寛人, 大角 義浩, 武井 孝行, 吉田 昌弘 第27回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 休暇村志賀島
(福岡)
2016.7.2 大腸がん細胞に対するテプレノンの抗がん剤薬理活性助長作用の検証 濱﨑 研悟, 床次 辰樹, 吉永 拓真, 西俣 寛人, 大角 義浩, 武井 孝行, 吉田 昌弘 第53回化学関連支部合同九州大会 北九州国際会議場
(北九州市)
2016.04.23 急性期病院におけるドクターズクラークの可能性 吉永 拓真、脇黒丸 倫奈、藤田 真 第 18 回 日本医療マネジメント学会学術総会 福岡国際会議場
(福岡)
2016.04.23 ドクターズクラーク導入効果と今後の可能性 ~医療の質の向上のために~ 脇黒丸 倫奈 吉永 拓真 第 18 回 日本医療マネジメント学会学術総会 福岡国際会議場
(福岡)
2016.04.22 DWH(ビッグデータ)を活用した創薬アプローチ 吉永 拓真 第 18 回 日本医療マネジメント学会学術総会 福岡国際会議場
(福岡)

■座長、講演、シンポジスト等

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 学会会場名
2017.3.31 特許出願中:特願 2017-XXXXX 吉永 拓真 特許庁  
2016.12.14 「線虫を使ったがん検査 共同研究の中間報告」 臨床応用開発室 南日本新聞  
2016.11.15 MBCニューズナウ 「小生物でがんを判別」 臨床応用開発室 MBC南日本放送  
2016.10.7 なるほど実感報道ドドド!「がんを”におい”で発見!生物が検診を変える!?」 臨床応用開発室 NHK総合  
2016.4.8 線虫でがん発見へ臨床研究 臨床応用開発室 日本経済新聞  

平成27年4月~平成28年3月

■論文

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 号・巻・ページ
2015.04 Angiopoietin-like protein 2 is a potential biomarker for gastric cancer Yoshinaga, T., Shigemitsu, T., Nishimata, H., Takei, T., Yoshida, M. Molecular medicine reports 11(4), pp.2653-2658
2015.05 葉緑体DNA遺伝子を標的とした定量PCRによる赤潮原因藻Chattonella marinaの定量化 堀 英美子, 吉川 毅, 吉永 拓真, 冨吉 亜也子, 奥西 将之, 前田 広人 日本防菌防黴学会誌 43(9), pp.401-406
2015.09 Angiopoietin‑like protein 2 as a potential biomarker for colorectal cancer Yoshinaga, T., Shigemitsu, T., Nishimata, H., Kitazono, M., Hori, E., Tomiyoshi, A., Takei, T., Yoshida, M. Molecular and clinical oncology 3(5), pp.1080-1084
2015.10 “Vascular-like microchannel network prepared using hollow hydrogel microfibers” Takei, T., Kitazono, J., Nishimata, H., Yoshinaga, T., Ozuno, Y.,Yoshida, M. Proceedings of 21st Symposium of Young Asian Biochemical Engineers' Community P31
2016.01 Necrotic regions are absent in fiber-shaped cell aggregates, approximately 100 μm in diameter. Takei, T., Kitazono, J., Tanaka, S., Nishimata, H., Yoshida, M. Artificial cells, nanomedicine, and biotechnology 44(1), pp.62-65
2016.03 Vascular-like network prepared using hollow hydrogel microfibers Takei, T., Kitazono, J., Ozuno, Y., Yoshinaga, T., Nishimata, H., Yoshida, M. Journal of Bioscience and Bioengineering 121(3), pp.336-340.

■学会発表

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 学会会場名
2015.06.27 テプレノンによる抗がん剤の抗がん活性助長作用の検証 床次 辰樹, 吉永 拓真, 西俣 寛人, 大角 義浩, 武井 孝行, 吉田 昌弘 第52回化学関連支部合同九州大会 北九州国際会議場
(北九州市)
2015.07.17-18 胃がん細胞に対するテプレノンの抗がん剤薬理活性助長作用の検証 床次 辰樹, 吉永 拓真, 西俣 寛人, 大角 義浩, 武井 孝行, 吉田 昌弘 第26回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 伊万里グランドホテル
(伊万里市)
2015.09.09-11 副作用が低く薬理活性の高い抗がん製剤開発に向けた基礎的研究 床次 辰樹, 吉永 拓真, 西俣 寛人, 大角 義浩, 武井 孝行, 吉田 昌弘 化学工学会 第47回秋季大会 北海道大学
(札幌市)
2015.10.8 Angiopoetin-like protein 2 as a potential biomarker for colorectal cancer Yoshinaga, T., Nishimata, H., Takei, T., Yoshida, M. 第 74 回 日本癌学会学術総会 名古屋国際会議場
(名古屋市)
2015.10.26-28 中空ゲルファイバーを利用した生体毛細血管網の工学的模倣技術 床次 辰樹, 吉永 拓真, 西俣 寛人, 大角 義浩, 武井 孝行, 吉田 昌弘 第67回日本生物工学会大会 城山観光ホテル
(鹿児島市)
2016.03.13-15 胃・大腸がんに有効な複合製材の開発における基礎的検討 床次 辰樹, 濱崎 研悟, 吉永 拓真, 西俣 寛人, 大角 義浩, 武井 孝行, 吉田 昌弘 化学工学会 第81回年会 関西大学
(大阪府吹田市)

■座長、講演、シンポジスト等

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 学会会場名
2015.08.28 南さつま職員研修 【講師】冨吉 亜也子 南さつま市 南さつま市
市民会館
第2会議室
(南さつま市)

平成26年4月~平成27年3月

■論文

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 号・巻・ページ
2014.12 重症敗血症 / 敗血症ショックに対するエンドトキシン吸着除去療法+持続的血液濾過透析併用法の有効性 武田弘隆, 坂口 勉, 内田義男, 曽我部篤史, 福元まゆみ, 吉嶺陽仁, 猪俣美穂, 吉永拓真, 野崎 剛 日本急性血液浄化学会雑誌
Vol.5, pp.139-144
2014.10 Angiopoietin-like protein 2 is a potential biomarker for gastric cancer Yoshinaga, T., Shigemitsu, T., Nishimata, H., Tomiyoshi, A., Hori, E., Ozuno, Y., Kiyoyama, S.,Shiomori, K., Takei, T., Yoshida, M. International Journal of Molecular Medicine Vol.34, S60
2014.06 Imaging discrepancies between magnetic resonance imaging and brain perfusion single-photon emission computed tomography in the diagnosis of Alzheimer’s disease, and verification with amyloid positron emission tomography Yokoyama, S., Kajiya, Y., Yoshinaga, T., Tani, A., Hirano, H. Psychogeriatrics Vol.14, pp.110-117
2014.05 Necrotic regions are absent in fiber-shaped cell aggregates, approximately 100 μm in diameter. Takei, T., Kitazono, J., Tanaka, S., Nishimata, H., Yoshida, M. Artificial cells, nanomedicine, and biotechnology online

■学会発表

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 学会会場名
2014.10.9 Angiopoetin-like protein 2 is a potential biomarker for gastric cancer Yoshinaga, T., Shigemitsu, T., Nishimata, H., Tomiyoshi, A., Hori, E., Ozuno, Y., Kiyoyama, S.,Shiomori, K., Takei, T., Yoshida, M. 19th World Congress on Advances in Oncology and 17th International Symposium on Molecular Medicine Metropolitan Hotel, Athens, Greece
(Athens)
2014.09.25 Evaluation of ANGTL2 as biomarker for diagnosing the gastrointestinal cancer Yoshinaga, T., Shigemitsu, T., Nishimata, H., Takei, T., Yoshida, M. 第 73 回 日本癌学会学術総会 パシフィコ横浜
(横浜)
2014.09.20 消化器がんと HSP 吉永 拓真 第 15 回 GGA・HSP研究会 フクラシア東京ステーション
(東京)

■座長、講演、シンポジスト等

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 学会会場名
2015.01 ビジュアルから探る明治男子 冨吉 亜也子 MEIJIISHIN 150
~Satsuma another story~
マルヤガーデンズ
(鹿児島市)
2014.10-12 モーニングスマイル
【毎週水曜日】
冨吉 亜也子 MBCラジオ MBC南日本放送
(鹿児島県)
2014.08.21 アルツハイマー病に胃薬 臨床応用開発室 南日本新聞  
2014.08 人生の創り方
~国際人から学ぶ素敵なライフプラン~
冨吉 亜也子 KAGOSHIMA
International Exchange Day
鹿児島相互信用
金庫本店
(一般社団法人鹿児島市国際交流財団、鹿児島日米協会等)

平成25年4月~平成26年3月

■論文

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 号・巻・ページ
2013.10 Effect of chitosan-gluconic acid conjugate/poly(vinyl alcohol) cryogels as wound dressing on partial-thickness wounds in diabetic rats Takei, T., Nakahara, H., Tanaka, S., Nishimata, H., Yoshida, M., Kawakami, K. Journal of materials science. Materials in medicine 24(10), pp.2479-2487
2013.09 Evaluation of biomarkers for early detection of gastric cancer metastasis and recurrence using multiplex antibody’s beads Yoshinaga, T., Shigemitsu, T., Nishimata, H., Ozuno, Y., Kiyoyama, S., Shiomori, K., Takei, T., Yoshida, M. Proceedings of 19th International Symposium on Microencapsulation p.134

■学会発表

年月日 演題名または論文名
演者・発表者・著者 学会名または掲載誌名 学会会場名
2014.03.18 胃癌早期発見のための血清 ANGPTL2 の評価 吉永 拓真, 重光 孝政, 西俣 寛人, 大角 義浩, 武井 孝行, 吉田 昌弘 SCEJ 79 th Annual Meeting 岐阜大学
(岐阜)
2013.11.24 葉緑体DNAマーカーによる赤潮原因藻Chattonella marina検出法の開発 堀 英美子, 吉川 毅, 吉永 拓真, 沖園 修平, 前田 広人 第29回日本微生物生態学会大会 鹿児島大学郡元キャンパス
(鹿児島)
2013.10.05 Evaluation of ANGPTL2 for early detection of gastric cancer metastasis and recurrence Yoshinaga, T., Shigemitsu, T., Nishimata, H., Takei, T., Yoshida, M. 第 72 回 日本癌学会学術総会 パシフィコ横浜
(横浜)
2013.09.11 Evaluation of biomarkers for early detection of gastric cancer metastasis and recurrence using multiplex antibody’s beads Yoshinaga, T., Shigemitsu, T., Nishimata, H., Ozuno, Y., Kiyoyama, S., Shiomori, K., Takei, T., Yoshida, M. 19th International Symposium on Microencapsulation Universidad de Navarra in Pamplona (Spain)
(Pamplona)
2013.08.31 消化器がんと HSP 吉永 拓真, 武井 孝行, 吉田 昌弘, 西俣 寛人 第 14 回 GGA・HSP研究会 東京ステーションコンファレンス
(東京)

南風病院画像診断センター政記念消化器病研究所病院広報誌「南風便り」