機器紹介

南風病院 画像診断センターでは、PET/CT装置 Discovery ST Elite(GE社製)を導入しております。 PET/CTはPETとCTを同一機器内に組み合わせた検査装置で、従来のPET単独の検査に比べてがんの発見や治療方針の決定に、より威力を発揮します。 しかし、PET/CT検査でも見つかりにくいがんがあるため、超音波検査や胃内視鏡検査、MRI検査等を組み合わせ、より精度の高い診断を行うことが必要です。南風病院ではMRI装置も設置し、さらに高度ながん検診が実施できるようにしました。 また、PET/CT検査他で見つかったがんを精査するため、CT装置も64列を導入しております。

■最先端画像処理システム

PET-CT PET-CT
PETから得られる薬の臓器への移動(代謝)画像とX線CTから得られる臓器の形(形態)画像を重ね合わせて、がんを正確かつ速やかに画像化する装置。
PET-CT MRI 超高速画像処理・高画質・騒音低減
MRI検査とは磁石の力で人体のいろいろな方向の輪切りや縦切りの画像を撮影する装置で、脳や脊椎、骨盤、手足の関節の撮影に向いています。
PET-CT CT 超高速撮影
CT検査はX線を利用して人体の輪切りを画像にする装置です。
短時間で胸腹部などの広い範囲を細かく撮影でき、また血管や骨などの三次元表示が可能です。
当院では16列と64列の2台のマルチスライスCTを新たに導入し、より高画質、超高速撮影が可能となりました。
PET-CT 超音波診断装置
生体に投射した超音波を探触子でとらえたものを画像化する装置。人体には全く無害で痛みもありません。甲状腺、腹部、骨盤部を中心に検査を行います。

南風病院画像診断センター政記念消化器病研究所病院広報誌「南風便り」