栄養科
科長
塩満 清華

■栄養科紹介

・スタッフ    管理栄養士6名(うち1名NST専従者)
・給食業務    外部委託(調理業務・食材管理 等)
・平均提供食数  230食(1日当たり)
・施設基準    入院時食事療養(Ⅰ)
・認定資格    NST専門療法士
         日本糖尿病指導士
         在宅訪問管理栄養士
         栄養経営士

栄養科紹介

■方針

「おいしい食事と適切な栄養ケアの提供」を目標に、栄養の専門家として栄養食事相談や
治療食の提供を通して、患者様の栄養管理を行っています。チーム医療の一員として、
専門性を活かした活動が出来るよう、各部門と連携を図りながら業務に取り組んでいます。

■主な業務

・献立作成
・入院・外来栄養食事相談(予約制)、外来糖尿病教室
・入院患者の栄養管理計画の立案と栄養評価、食事・栄養介入、栄養カンファレンスの実施
・チーム活動(栄養サポートチーム、褥瘡ケアチーム、緩和ケアチーム)
・委員会活動(栄養管理委員会、栄養サポートチーム委員会、褥瘡対策委員会、化学療法委員会 など)
※栄養食事相談の際は、自宅での食生活状況を伺いながら、患者様やご家族が自宅で食事療法を
続けられる手助けになれるよう心がけています。
日曜と一部の祝日を除き予約制で行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

■南風病院の食事の特色

入院患者様それぞれの状況に合わせた治療食を基本に、少しでもおいしく喜んでいただけるよう、
厨房スタッフと協力し、日々の食事の充実・向上に取り組んでいます。

・四季折々の行事食
[おせち料理、お花見弁当、子供の日、七夕そうめん、クリスマスメニューなど]
四季折々の行事食 四季折々の行事食 入院中でも季節を感じていただけるよう毎月2回程度、行事食を提供しています。
・さわやか食
化学療法など、治療の過程で著しく食欲のない患者様を対象として、種々の制約を除き「食べられること」を最優先に考えた食事を提供しています。
さわやか食 さわやか食 食欲不振の原因となる匂いや食感・量などに配慮し、変わりご飯や麺類などを多く取り入れた献立をご用意しております。

■機器・設備

衛生面に留意し、適切な温度管理をおこなっています。
温冷配膳車を使用し、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たい状態で
患者様のもとへ食事が提供出来るよう日々努めております。

■研究業績

研究業績はこちら

■更新日

2017年5月16日


南風病院画像診断センター政記念消化器病研究所病院広報誌「南風便り」