トップページ患者さまへ診療科のご案内入院費用(DPC)について
入院費用(DPC)について

■入院医療費について

・平成18年4月1日より、当院の入院医療費の計算方法はDPC(診断群分類包括評価)方式になりました。

■DPC(診断群分類包括評価)とは

・患者さまの病名と実施する手術や処置などの診療内容および合併症等によって分類された「診断群分類」とよばれる 区分ごとにあらかじめ決められた1日あたりの定額の医療費を基に計算する方式(包括支払い方式)です。

従来の計算方法は、行なわれた診療行為の点数を積み上げ式に加算していく『出来高算定方式』でしたが、DPCは1日あたりの決められた『包括部分(入院料、薬・注射、検査など)』と『出来高部分(手術料、麻酔料等)』を組み合わせて計算を行ないます。
計算方法

■DPCによる入院費の計算方法

DPCによる入院費の計算方法
・入院診療費の支払いは、月ごとの支払いであることに変わりはありませんが、入院期間がふた月以上にまたがる場合、入院後の症状の経過や手術等の治療内容の追加・変更などにより、前月に仮決定していた「診断群分類」が変更になり、定額部分が変わることがあります。その際は入院日より診療費の計算をやり直し、当月分の診療費で差額の調整をおこないます。
(退院時に返金や追加請求等が発生する可能性があります。)

■DPC対象外の患者さまについて

・労務災害、公務災害
・自賠責保険(交通事故)の患者さま
・一般病棟以外(緩和ケア病棟)に入院される患者さま
・新しく保険適用となった治療を行なった患者さま
以上の患者さまはDPCではなく、従来の出来高方式にて計算致します。


南風病院画像診断センター政記念消化器病研究所病院広報誌「南風便り」