トップページ患者さまへお薬について入院時のお薬について
入院時のお薬について

薬剤師が病棟に常駐し、患者さまへ薬を使用する前の説明をはじめとして、使用中、使用後まで、安全で適正に薬物治療が行われるよう務めていまうす。
また患者さまへ服薬指導も行っています。

■入院患者さまへの服薬指導(薬剤管理指導業務)とは

薬剤管理指導業務(入院患者さまへの服薬指導)とは、患者さま又は患者さま家族に対して服薬の目的・服用方法・服用する際の注意事項・副作用等を説 明することで、患者さま自身が服薬の意義を認識し、薬を適切に服用、かつ副作用が発現した場合に迅速に対応できるなど、薬物療法を有効かつ安全に行われるようにすることです。この薬剤管理指導業務は、当該患者さまの担当医の同意を得て行っています。

■入院患者さまへの服薬指導(薬剤管理指導業務)の目的

  • ・服薬を指示通りに適切に行なっていただく。
  • ・薬歴管理・服薬指導により副作用発現の防止・早期発見をする。
  • ・薬に対する患者さまの不安を解消する。
  • ・患者さまの治療への参加意識を高める。
  • ・医師、看護師が必要とする医薬品情報を提供する。

南風病院画像診断センター政記念消化器病研究所病院広報誌「南風便り」