トップページ患者さまへ診療科のご案内診療科のご案内【病理診断科】
診療科のご案内【病理診断科】

■病理診断科紹介

病理科は従来、病理、病理学、外科病理などの名称で呼ばれていましたが、平成20年4月1日からは厚生労働省通知により診療科の一つとして標榜(病理診断科)ができるようになりました。
病理診断科は臨床各科と強く関連する実践医学の場であり、疾病の本態や原因を詳しくしらべ、診断、治療への指針を示す重要な役割を担う部門の一つです。
病理診断とは病気に犯された部位(病変部)を顕微鏡で観察(検鏡)し、その程度や状態等を明確に判定することです。病理医の診断が可能(検鏡)となるまでには、臨床検査技師による幾多の手順と時間を要します(標本作製)。病変部は、全身の諸臓器から採取された細胞(喀痰、尿)、生検組織(針生検、内視鏡)、切除臓器(内視鏡的、外科的)等の標本からなります。大きな標本は肉眼像をカラー写真に保存、コルク板に臓器を伸展、展開してフォルマリン液の容器に入れて固定します(48時間)。小さい生検組織標本は直ちにフォルマリン液で固定します(24時間)。細胞はスライドガラスに塗抹して固定、染色後、早急に細胞検査士による検鏡を行い、異常細胞がみつかれば病理医のチェックを受けて臨床へ報告となります。小さなフォルマリン固定標本はパラフィン包埋、厚さ3〜4ミクロンの薄切ガラス組織標本として染色(ヘマトキシリン・エオジン染色)します。大きな標本は病変部を含めて一定の大きさ(カセット容器)に細切りした後、パラフィン包埋、薄切ガラス組織標本にして染色します。最後に病理医の顕微鏡的組織診断(検鏡)の結果が臨床医へ報告されます。
病理解剖例に関しては、鹿児島大学病理学病理解剖分野のご協力により臨床病理検討会(CPC:Clinical Pathological Conference)を当院多喜ホールで行っています。
学術的には研究論文の共著、国内外での共演があります(研究業績集に記載)。
当院は日本病理学会研修登録施設の認定も受けております。
南風病院は「がんの診断、治療」を新たなテーマとしてスタートしました。病理診断科も消化管病理、とりわけ胃腸管病変(胃癌、大腸癌)や肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、肺の腫瘍性病変、及び諸種の病変に対して緻密な組織学的検索(免疫組織学的検査及び遺伝子検査等)を行っています。

■ドクターリスト

田中 貞夫 部長
田中 貞夫

Sadao Tanaka

■専門分野:人体病理・腫瘍病理学
所属学会 日本病理学会
認定医・専門医 日本病理学会病理専門医 , 日本病理学会病理専門医研修指導医  剖検認定
評議員その他 日本病理学会功労会員
非常勤医:2名
臨床検査技師:5名
務:1名

■院内検体数

▼生検※対象期間1月1日~12月31日

臓器名 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
食道 158 150 160 153 141
1,441 1,351 1,405 1,312 1,108
十二指腸 117 134 139 161 99
小腸 52 76 67 67 51
大腸 615 586 598 519 562
肛門   1 0 0 6
下咽頭   1 0 3 2
胆管   30 40 43 70
膵臓   4 6 0 2
      49 90
合計 2,383 2,333 2,415 2,307 2,131

▼内視鏡的粘膜切除術

臓器名 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
食道 0 0 1 0 1
16 16 15 16 11
十二指腸 5 6 6 4 5
小腸 10 0 2 1 5
大腸 566 571 579 717 831
合計 597 593 603 738 853

▼内視鏡的粘膜下層剥離術

臓器名 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
食道 29 25 21 32 27
77 72 67 90 83
十二指腸 0 1 2 0 0
小腸 0 0 0 0 0
大腸 15 26 19 31 45
合計 121 124 109 153 155

▼EUS-FNA

臓器名 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
EUS-FNA 18 47 37 78 80

▼外科的切除組織検体

臓器名 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
食道 18 17 28 24 20
82 97 110 106 116
十二指腸 8 12 25 33 54
小腸 75 62 87 107 110
大腸 198 168 169 228 292
虫垂 26 68 79 110 130
肝臓 13 13 13 34 37
胆嚢 136 134 138 173 195
膵臓 2 9 20 21 44
脾臓 3 4 11 11 15
0 10 29 35 24
リンパ 260 247 256 284 308
その他 19 29 28 37 96
合計 840 870 993 1203 1441

▼術中迅速組織検体

臓器名 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
3 3 10 9 7
    8 12 11
胆嚢 1 1 7 1 9
リンパ節 6 26 49 33 19
腹膜 3 4 5 8 7
その他 19 8 15 11 27
合計 32 42 94 74 80

▼細胞診

臓器名 平成27年 平成28年
喀痰 306 409
気管支擦過 78 96
気管支洗浄 97 114
胸水 83 107
心嚢液 1 0
腹水 62 61
胆汁 33 54
尿 7 21
甲状腺穿刺 19 27
子宮頸部擦過 226 452
膵液 121 195
胸腔洗浄液 16 22
腹腔洗浄液 26 19
その他 19 14
FNA 膵臓 39 53
12 16
食道 1 4
リンパ 3 6
胆嚢   2
十二指腸   1
合計 1,149 1,673

■外注検体数

▼生体組織検体

臓器名 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
食道 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0
十二指腸 0 0 0 0 0
小腸 0 1 0 0 0
大腸 0 0 0 2 0
肝臓 62 53 51 49 52
93 86 106 27 0
腎臓 38 46 28 42 33
軟部組織 0 0 1 1 1
血管 0 0 0 0 0
その他 11 9 5 10 6
合計 204 195 191 131 92

▼外科的切除組織検体

臓器名 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
胆嚢 0 0 0 1 0
乳腺 6 5 9 7 11
甲状腺 1 3 1 3 2
軟部組織 29 23 7 22 13
皮膚 4 5 2 3 1
リンパ節 18 8 6 10 10
  8 3 4 6
神経   7 0 3 1
小腸   1 0 0 0
その他 31 17 19 16 13
合計 89 77 47 69 57

▼術中迅速組織検体

臓器名 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
食道 0 0 0 0 1
肝臓 0 0 0 0 0
胆嚢 1 0 1 0 0
リンパ節 5 3 3 7 17
その他 6 8 9 6 7
合計 12 11 13 13 25

▼細胞診

臓器名 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
喀痰 274 340 323 71 0
気管支擦過 101 83 99 24 0
気管支洗浄 117 114 144 33 0
胸水 119 128 137 33 0
心嚢液 2 5 6 0 0
腹水 220 92 57 17 0
胆汁 41 51 34 10 0
尿 9 14 16 0 0
甲状腺穿刺 71 69 33 10 0
子宮頚部擦過 230 287 413 184 0
膵液 0 62 107 44 0
胸腔洗浄液   9 7 8 0
腹腔洗浄液   82 27 6 2
その他 60 25 32 40 99
合計 1,244 1,361 1,435 480 101

■研究業績

研究業績はこちら

■更新日

2017年6月20日


南風病院画像診断センター政記念消化器病研究所病院広報誌「南風便り」