トップページ患者さまへ診療科のご案内診療科のご案内【整形外科・小児整形外科】
診療科のご案内【整形外科・小児整形外科】

■診療体制

整形外科疾患全般の治療を行っております。特に当院では、脊髄疾患(首・背中・腰の痛みや手足のしびれなど)、関節疾患(関節の痛み・歩行障害など)、小児整形・骨折等に対する治療(手術)が中心です。
循環器系疾患、糖尿病、肝臓病などの合併症や人工透析中の方など、一般の病院では手術が困難な患者さんにも対応しています。当院では連携医療を推進しており、手術後のリハビリついては、紹介元の医療機関や連携医療機関・施設など患者様の病状にあった医療を切れ目なく提供できるよう紹介しております。

■治療方針

「職場や家庭で活動するにあたり障害となっている症状を取り除き、快適な日常生活が送れるように」を方針として、まずはX線やMRIといった画像診断を駆使して的確な診断をおこないます。症状の重症度や年齢、職業や家庭環境を考慮しながら、薬物療法や理学療法、装具療法、ブロック療法などの保存的な治療をおこなったうえで、効果が現れず日常生活をおこなう上で支障が大きいと判断した場合には手術をおこなっています。

■得意分野

脊椎疾患(頚・腰・手足の痛みやしびれ、運動障害、排尿・排便障害)の診断・治療
脊椎疾患の内視鏡視下手術(MED法)痛みやしびれに対する硬膜外ブロックや神経根ブロック療法
関節疾患(肘・膝・股関節の痛み、歩行障害)の診断・治療
手の外科・足の外科・小児科整形疾患・スポーツ整形外科領域の診断・治療

■ドクターリスト

川内義久 副院長兼主任部長
川内 義久

Yoshihisa Kawauchi

■専門分野:脊椎外科・整形外科一般
所属学会 日本整形外科学会 , 日本脊椎脊髄病学会 , 日本脊髄障害医学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会 , 西日本整形・災害外科学会 , 西日本脊椎研究会
医療事故・紛争対応研究会 , 日本腰痛学会
認定医・専門医 日本整形外科学会専門医 , 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
評議員その他 鹿児島大学医学部臨床教授
吉野 伸司 部長
吉野 伸司

Sinji Yoshino

■専門分野:関節外科・手外科・足の外科・小児整形
所属学会 日本整形外科学会 , 日本手外科学会 , 日本足の外科学会 , 日本創外固定・骨延長学会
日本股関節学会 , 日本人工関節学会 , 日本小児整形外科学会 , 西日本整形・災害外科学会
認定医・専門医 日本整形外科学会専門医 , 日本手外科学会手外科専門医
評議員その他 日本足の外科学会評議員
部長
富村 奈津子

Natsuko Tomimura

■専門分野:脊椎外科・創傷治療・フットケア
所属学会 日本整形外科学会 , 日本脊髄障害医学会 , 西日本整形・災害外科学会 , 日本フットケア学会
日本運動器リハビリテーション学会 , 西日本脊椎研究会 , 日本下肢救済・足病学会
日本足の外科学会
認定医・専門医 日本整形外科学会専門医 , 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
評議員その他 日本フットケア学会評議員 , 日本フットケア学会理事 , 日本下肢救済・足病学会九州地方会評議員
前田 昌隆 前田 昌隆
Masataka Maeda

■専門分野:膝関節・スポーツ
所属学会 日本整形外科学会 , 西日本整形・災害外科学会 , 日本臨床スポーツ医学会 , 日本足の外科学会
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 , 九州・山口スポーツ医・科学研究会
認定医・専門医 日本整形外科学会整形外科専門医 , 日本整形外科学会スポーツ医
前之園 健太 前之園 健太
Kenta Maenosono

■専門分野:整形外科
所属学会 日本整形外科学会 , 西日本整形・災害外科学会 , 日本脊椎脊髄病学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会 , 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

■外来診察担当表

最新の外来診察担当表は下記よりダウンロードしご確認下さい。
外来診察担当表のダウンロードはこちら[PDF]

※ 整形外科・小児整形外科におきましては「予約」の方のみの診療とさせて
 いただきます。他の医療機関からのご紹介の患者様も、お手数ですが事前に
 予約をお願い申し上げます。

■対象疾患

腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア(頚椎・胸椎・腰椎)、脊椎靭帯骨化症(後縦靭帯・黄色靭帯)、頚椎症性脊髄症、脊髄腫瘍、腰椎変性すべり症、坐骨神経障害、脊椎圧迫・破裂骨折、腰椎変性側彎・後彎症、変形性脊椎症、脊椎分離症、強直性脊椎炎、脊椎腫瘍、化膿性脊椎炎、透析脊椎症(破壊性脊椎関節症)、変形性関節症(膝・股・肘)、大腿骨頭壊死症、骨折、手根管症候群、ばね指、ガングリオン、デュピュイトラン拘縮、発育性股関節脱臼、外反母趾、扁平足、関節拘縮症、半月板損傷、膝靱帯損傷など

■当院でおこなっている先進・特殊医療

脊椎内視鏡視下手術(MED法)
人工股関節・人工膝関節の手術は小侵襲・ナビゲーション手術を行っております。
従来の手術に比べ、傷口が小さく、出血量が少なく、入院期間が短いことが特徴です。

■治療実績(2015年度)

■入院患者の疾患別構成比率(2016年)*対象期間2016年1月〜12月

診療実績(2016年度)
人数=1192

■整形外科手術件数

手術件数(2016年度)

■研究業績

研究業績はこちら

■更新日

2017年6月9日


南風病院画像診断センター政記念消化器病研究所病院広報誌「南風便り」